学術論文

    2018年
  1. YASUYUKI YAMADA, KYOTA ASHIGAKI, SHUN YOSHIHAMA, KAI NEGISHI, KOICHI KATO, TARO NAKAMURA, ”Triangular cross section peristaltic conveyor for transporting powders at high speed in printers”, Advanced Robotics, vol.32, issues12, (2018.6).
  2. 飯川伸吾,奥井学,鈴木隆二,山田泰之,中村太郎,”可変粘弾性関節を有するアシストスーツの開発ー粘弾性が人の動作に与える影響と粘弾性制御則の提案ー”,日本ロボット学会誌,Accepted
  3. 山田 泰之,小島 明寛,奥井 学,中村 太郎 , ”軸方向繊維強化型空気圧式ゴム人工筋肉の長寿命高効率化のための形状検討”, 計測自動制御学会論文集 , Vol.54, No.6, (2018.6)
  4. 奥井 学, 名倉 裕貴, 山田 泰之, 中村 太郎, ”圧縮空気生成手法の携帯性評価に基づくハイブリッド型携帯空気圧源の開発”,日本ロボット学会誌,Vol. 36, No. 3, pp.233-241, (2018.4)
  5. Manabu Okui, Yuki Nagura, Yasuyuki Yamada, Taro Nakamura,”Hybrid Pneumatic Source Based on Evaluation of Air Compression Methods for Portability”, IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 3-2, pp. 819-826, 2018.4, DOI [10.1109/LRA.2018.2792145]
  6. 鈴木 遼, 江川 正和, 山田 泰之, 中村 太郎, ”MRブレーキと空気圧人工筋肉を用いた装着型1自由度力覚提示装置の開発と拡張現実空間での評価”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.23, No.1, p.45-54, (2018.3)
  7. Masashi Kamata,Shota Yamazaki,Yuki Tanise,Yasuyuki Yamada,Taro Nakamura,”Morphological change in peristaltic crawling motion of a narrow pipe inspection robot inspired by earthworm’s locomotion”,Advanced Robotics,DOI: 10.1080/01691864.2017.1417158 (2018.1)
  8. 山田 泰之,吉浜 舜,芦垣 恭太,加藤弘一,中村太郎,”印刷機用トナーの高速搬送のための管式蠕動運動型コンベア”,計測自動制御学会論文集,(54巻1号(2018年1月号))
  9. 小島 明寛,奥井 学,山田 泰之,中村 太郎,“軸方向繊維強化型空気圧ゴム人工筋肉の長寿命化のための材料とアスペクト比の検討”,日本機械学会論文集,Vol.84,No.857(2018)
  10. 2017年
  11. 山田 泰之,吉浜 舜,岩崎 祥大,芦垣 恭太, 松本 幸太郎, 羽生 宏人, 中村 太郎,“蠕動運動型混合搬送機による固体推進薬連続製造の検討”, 日本機械学会論文集, DOI:10.1299 / transjsme.16-00576 (早期公開)
  12. 猪瀬 洸樹,毛利 駿,山田 泰之, 横山 和也,菊谷 功,中村 太郎, ”筋骨格シミュレーションに基づいた内骨格型パワーアシストスーツの補助効果検証”, 日本ロボット学会誌論文集, Vol.35, No.7, pp557-565, (2017.9)
  13. 山田 泰之, 遠藤 玄, 中村 太郎, ”不整地を高速移動可能なはね付きクローラの登坂性能検証”, 日本ロボット学会誌論文集, Vol.35, No.2, pp.67-73, (2017)
  14. 奥井 学, 名倉 裕貴, 飯川 伸吾, 山田 泰之, 中村 太郎, ”炭酸水素ナトリウムとクエン酸の化学反応を用いた小型増圧ポンプを有する携帯型空気圧源の提案”, 日本フルードパワーシステム学会論文集, Vol.48, No3, (2017.5)
  15. Manabu Okui, Shingo Iikawa, Yasuyuki Yamada, Taro Nakamura, ”Fundamental characteristic of novel actuation system with variable viscoelastic joints and MR clutches for human assistance”, Journal of Intelligent Material Systems and Structures, [1045389X1770521. 10.1177/1045389X17705216.], (2017.5)
  16. 中武豊晴,金野将志,水品明日香,山田泰之,中村太郎,久保田孝,”落下土循環システムを搭載した蠕動運動形月面掘削ロボットの掘削性能向上の検討”, 日本ロボット学会誌論文集, 35-3,(2017.4 掲載予定)
  17. 猪瀬洸樹,毛利駿,山田泰之, 横山和也,菊谷功,中村太郎, “腰部の形状を考慮した空気圧アクチュエータによる内骨格型パワーアシストスーツの開発および補助効果検証”, 日本ロボット学会誌, Vol.35, No.1, pp70-77,(2017.1)
  18. 2016年
  19. Takahiro Nagayama, Hikaru Ishihara, Hiroki Tomori, and Taro Nakamura, “Verification of throwing operation by a manipulator with variable viscoelastic joints with straight-fiber-type artificial muscles and magnetorheological brakes”, Advanced Robotics, Vol.30, Iss21, pp.1365-1379, (2016.10)
  20. Hiroki Tomori, Tatsuo Majima, Hikaru Ishihara, and Taro Nakamura, “Throwing motion with instantaneous force using a variable viscoelastic joint manipulator”, Journal of Intelligent Material Systems and Structures 1045389X16641202 (2016.4)
  21. 石川 敏也, 中村 太郎, “巻フィルムチューブ式SMA人工筋肉アクチュエータのモバイル化と拮抗配置による剛性制御手法の検討”, 計測自動制御学会論文集 52(3), 103-112, 2016 (2016.3)
  22. Akihiro Iwasaki, Kotaro Matsumoto, Ryosuke Ban, Shun Yoshihama, Hiroto Habu and Taro Nakamura,“The Continuous Mixing Process of Composite Solid Propellant Slurry by the Artificial Muscle Actuator”, TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN,Vol.14,pp107-110,(2016)
  23. 2015年
  24. Ryosuke Ban, Yoshiki Kimura & Taro Nakamura, “Development of insertion-type peristalsis pump using pneumatic artificial muscles”, Advanced Robotics, 29:13,877-888, (2015.8)
  25. Tatsuya Kishi,Megumi Ikeuchi,and Taro Nakamura,”Development of a Peristaltic Crawling Inspection Robot for Half-Inch Pipes Using Pneumatic Muscles”, SICE Journal of Control ,Measurement,and System Integration ,Vol.8,No. 4,pp. 256-264,(2015.7)
  26. Asuka Mizushina,Hayato Omori,Hiroyuki Kitamoto,Taro Nakamura,Hisashi Osumi,and Takashi Kubota,”Study on Geotechnical Tests with a Lunar Subsurface Explorer Robot Using a Peristaltic Crawling Mechanism”,SICE Journal of Control ,Measurement,and System Integration ,Vol.8,No. 4,pp. 242-249,(2015.7)
  27. 呉 哲英,大澤 達也,小川 曜義,中村 太郎,“永久磁石による磁気吸着機構を用いた進行波型壁面移動ロボットの開発”,計測自動制御学会論文集,Vol.51, No.5, pp.282-289, (2015.5)
  28. 柳田 隆一,鎌形 徹平,中村 太郎,“可変剛性繰り出しチューブを用いた大腸内視鏡挿入支援デバイスの開発 ―摘出した豚の大腸への応用―”,計測自動制御学会論文集,Vol.51, No.5, pp.290-296, (2015.5)
  29. 戸森央貴,永井豪,間島達雄,中村太郎,“可変粘弾性関節マニピュレータを用いた粘弾性制御による瞬発力を伴う運動の制御”,計測自動制御学会論文集,Vol.51, No.6, pp.380-389, (2015.5)
  30. Masashi Konno, Yutaka Mizota, and Taro Nakamura, “Wave-transmitting method for a travelling-wave-type omnidirectional mobile robot”, Industrial Robot: An International Journal, Vol. 42 Iss 1 pp. 19-24 (2015)
  31. 2014年
  32. Hayato Omori, Hiroyuki Kitamoto, Asuka Mizushima, Taro Nakamura, and Takashi Kubota, “Satellite, Planetary or Terrestrial Subsurface Explorer Robot Based on Earthworm Locomotion”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.26 No.5 Oct. 2014 p.660-661
  33. 大森 隼人, 北本 博之, 水品 明日香, 中村 太郎, 久保田 孝, “衛星・惑星の地中探査のための蠕動運動型ロボットの開発”, 日本設計工学会誌, Vol.49 No.5 p.31 (2014,5)
  34. 2013年
  35. Takaichi Yanagida, Kazunori Adachi, Taro Nakamura, “Development of Bellows-Type Artificial Rubber Muscle and Application to Peristaltic Crawling Endoscopic Robot”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.25 No.4 p.748 (2013)
  36. Hiroyuki Kitamoto, Hayato Omori, Hiroaki Nagai, Taro Nakamura, Hisashi Osumi, Takashi Kubota, “Propulsion Mechanism for a Lunar Underground Excavator Using Peristaltic Crawling”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.25 No.3 p.466 (2013.6)
  37. H Tomori, Y Midorikawa and T Nakamura, “Vibration control of an artificial muscle manipulator with a magnetorheological fluid brake”, Journal of Physics: Conference Series, Volume 412 (2013), 012053
  38. A Inoue, N Kanno, M Yoshikawa and T Nakamura, “Development of a manipulator with an opposed-placement-type ER clutch contributing to collision force reduction”, Journal of Physics: Conference Series, Volume 412 (2013), 012012
  39. T Majima, S Nagai, H Tomori and T Nakamura, “Development of 1-DOF manipulator with variable rheological joint for instantaneous force”, Journal of Physics: Conference Series, Volume 412 (2013), 012048
  40. Hayato Omori, Taro Murakami, Hiroaki Nagai, Taro Nakamura and Takashi Kubota, "Development of a Novel Bio-Inspired Planetary Subsurface Explorer: Initial Experimental Study by Prototype Excavator with Propulsion and Excavation Units", IEEE/ASME TRANSACTIONS ON MECHATRONICS, VOL. 18, NO. 2, pp459-470 (2013)
  41. 2012年
  42. 中村 太郎, 井澤 弘朗, 國井 康晴 “超音波モータの数学モデルの導出と温度特性の影響”, 中央大学理工学研究所論文集, Vol.18 p.15 (2012)
  43. Shota Horii and Taro Nakamura,"An In-Pipe Mobile Robot for Use as an Industrial Endoscope Based on an Earthworm’s Peristaltic Crawling", Journal of Robotics and Mechatronics Vol.24, No.6, pp1054-1055 (2012)
  44. Taro Nakamura, Yuya Hidaka, Masato Yokojima and Kazunori Adachi, Development of Peristaltic Crawling Robot with Artificial Rubber Muscles Attached to Large Intestine Endoscope, Advanced Robotics Vol. 26 No. 10, Special Issue on Cutting Edge of Robotics in Japan2012 (2),pp1161-1182 (2012)
  45. Taro Nakamura, Masanori Maehara, Daisuke Tanaka and Hiroyuki Maeda, Estimation of Joint Stiffness Using Instantaneous Loads via an Electromyogram and Application to a Master-slave System with an Artificial Muscle Manipulator, Advanced Robotics Vol.26, pp.799-816(2012)
  46. HIROKI TOMORI, YUICHIRO MIDORIKAWA and TARO NAKAMURA, "CONSTRUCTION OF NONLINEAR DYNAMIC CHARACTERISTIC MODEL OF PNEUMATIC ARTIFICIAL RUBBER MUSCLE MANIPULATOR USING MR BRAKE", Journal of Intelligent Material Systems and Structures(JIMSS), PP.1011-1018 (2012)
  47. Teruyoshi Ogawa and Taro Nakamura, " Path Tracking Method for Traveling-wave-type Omnidirectional Mobile Robot (TORoIII)", Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 24, No. 2, pp.340-366(Apr. 2012)
  48. 安達 和紀,横島 真人,樋高 裕也,中村 太郎,軸方向繊維強化型人工筋肉を用いた小腸検査用多段式蠕動運動型ロボットの開発,日本フルードパワーシステム学会論文集,Vol.43,No.3,pp.77-84 (May. 2012)
  49. 戸森 央貴, 田中 大資, 前原 正典, 加茂 大地, 中村 太郎, ”突発的な負荷を考慮した6自由度人工筋肉マニピュレータの手先剛性制御”, 日本フルードパワーシステム学会論文集 特集号「人 間を支援する空気圧の技術と研究」, Vol. 43, No. 3, pp.70-76,(May. 2012)
  50. 2011年
  51. Taro Nakamura, Masahiro Yoshikawa and Kazuhiko Boku, HIGH SPEED REVERSAL CONTROL OF 1DOF MANIPULATOR BY ENERGY DISSIPATION EFFECT OF ER CLUTCHES, Journal of Intelligent Material Systems and Structures, pp.68-73(2011)
  52. Hiroki TOMORI, Hiroyuki MAEDA and Taro NAKAMURA, Orbit tracking control of 6-DOF lubber artificial muscle manipulator considering nonlinear dynamics model, Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Series C (JSME), Vol. 77, No. 779, pp.2742-2755 (2011)
  53. Hiroki Tomori, Taro Nakamura, Theoretical Comparison of McKibben-Type Artificial Muscle and Novel Straight-Fiber-Type Artificial Muscle, International Journal of Automation Technology (IJAT), Vol. 5, No. 4, pp.544-550 (2011)
  54. TARO NAKAMURA, YUICHIRO MIDORIKAWA and HIROKI TOMORI, POSITION AND VIBRATION CONTROL OF VARIABLE RHEOLOGICAL JOINTS USING ARTIFICIAL MUSCLES AND MAGNETO-RHEOLOGICAL BRAKE, International Journal of Humanoid Robotics (IJHR). Vol. No.8, No. 1.pp.205-222(2011.5)
  55. Taro Nakamura Yuichiro Midorikawa and Hiroki Tomori, "Position and Vibration Control of Variable rheological joints using artificial muscles and magneto-rheological brake", International Journal of Humanoid Robotics, pp.205-222 (2011)
  56. Taro Nakamura, Kazuyuki Suzuki, “Development of a Peristaltic Pump Based on Bowel Peristalsis using Artificial Rubber Muscle”, Advanced Robotics, Vol.25, No.3, pp. 371-385, (2011)
  57. Taro Nakamura, Daisuke Tanaka, Hiroyuki Maeda, “Joint Stiffness and Position Control of an Artificial Muscle Manipulator for Instantaneous Loads Using a Mechanical Equilibrium Model” , Advanced Robotics, Vol.25, No.3, pp. 387-406, (2011)
  58. 2010年
  59. Kazuhiko Boku and Taro Nakamura, “Development of 3 DOF Soft Manipulator with ER fluid clutches”, Journal of Intelligent Material Systems and Structures, Sage Publication, Vol.21, No.15, pp.1563-1567, (Oct.2010)
  60. 石川 薫,中村 太郎,大隅 久,等価伝達関数を用いたリライアブル制御手法の故障箇所判定,計測自動制御学会産業論文集,Vol.9, No.8, pp.53-60, (2010.8)
  61. Hayato Omori, Taro Nakamura, Tomohide Iwanaga and Takeshi Hayakawa, Development of mobile robots based on peristaltic crawling of an earthworm, Robotics 2010: Current and Future Challenges, INTEH, pp. 299-230, (Feb.2010)
  62. 2009年
  63. Kazuhiko Boku and Taro Nakamura, Development of 3 DOF manipulator using ER fluid clutches for reduction of collision force Journal of Physics(IOP Pub.) , Volume 149, Number 1, pp.012002, 2009
  64. 石川 薫,中村 太郎,大隅 久,位置サーボ系における電流フィードバック欠損時の外乱オブザーバと等価伝達関数の併用方式,電気学会論文誌C,Vol.129,No.12, pp.2194-2200, 2009.
  65. 石川 薫,中村 太郎,大隅 久,位置サーボ系における電流フィードバック欠損時の等価伝達関数を用いたリライアブル制御,計測自動制御学会産業論文集,Vol. 9, No.16, 2009.
  66. Hayato Omori, Taro Nakamura and Takayuki Yada “An Underground Explorer Robot Based on Peristaltic Clawing of Earthworms”, Journal of Industrial Robot Vol.36, No.4, pp.358-364
  67. 〜2008年
  68. Taro Nakamura and Kuniaki Satoh, “Development of an Omni-Directional Mobile Robot Using Travelling Waves Based on Snail Locomotion”, Journal of Industrial Robot Vol.35 No.3 , pp.206-210, (May 2008)
  69. Taro Nakamura, Yuki Akamatsu and Yuta Kusaka, “Development of Soft Manipulator with Variable Rheological Joints and Pneumatic Sensor for Collision with Environment”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.20, No.4 , pp.634-640, (Apr.2008).
  70. Norihiko Saga, Taro Nakamura, and Kenji Yaegashi, “Mathematical Model of Pneumatic Artificial Muscle Reinforced by Straight Fibers”, Journal of Intelligent Material Systems and Structures; Vol. 18 pp.175-180, (Feb.2007)
  71. Taro Nakamura, Takashi Kato, Tomohide Iwanaga and Yoichi Muranaka, “Development of a Peristaltic Crawling Robot Based on Earthworm Locomotion”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.18, No. 3, pp.299-304(May. 2006)
  72. 嵯峨 宣彦, 上田 晋也, 中村 太郎, 人工筋アクチュエータを用いた蠕動運動型ロボットの開発, 計測自動制御学会論文集, Vol.41,No.12, pp. 1013-1018, (Dec. 2005)
  73. Taro Nakamura and Norihiko Saga, “Viscous Control of Homogeneous ER Fluid Using Variable Structure Control”, IEEE/ASME Trans. on Mechatronics, Vol. 10. No.2, pp.154-160, (Apr. 2005)
  74. 中村 太郎, 嵯峨 宣彦, 中沢 賢, 河村 隆, 機能性流体を用いた柔軟関節マニピュレータの開発(人間の接触力の緩和と振動の抑制に関する検討), 計測自動制御学会論文誌, Vol.40,No.10, pp. 1060-1066, (Oct. 2004)
  75. Norihiko Saga and Taro Nakamura, “Development of peristaltic crawling robot using magnetic fluid on the basis of locomotion mechanism of earthworm”, Smart material and structures, Vol.13,No.3, pp.566-569, (Jul. 2004)
  76. Norihiko Saga and Taro Nakamura, “A Prototype of Peristaltic Robot Using Pneumatic Artificial Muscle”, Intelligent autonomous system, No.8(1), pp.85-95, (March 2004)
  77. 中村 太郎, 嵯峨 宣彦 他, スライディングモード制御則を用いた均一系ER流体の粘性制御,電気学会論文誌D,Vol.124, No. 2, pp.247-254, (Feb.2004).
  78. Taro Nakamura, Norihiko Saga et.al, "Variable Viscous Control of a Homogeneous ER fluid Device Considering its Dynamic Characteristics”, Mechatronics, Vol. 14, No.1, pp.55-68, (Jan. 2004)
  79. Taro Nakamura, Norihiko Saga et.al, "Thermal effects of the ER Fluid Device", Journal of Intelligent Material Systems and Structures, Vol. 14, No.2 pp.87-91, 2003.
  80. Taro Nakamura, Norihiko Saga et.al, "Impedance Control of a Single Shaft-Type Clutch Using Homogeneous Electrorheological Fluid", Journal of Intelligent Material Systems and Structures, Sage Publication, Vol. 13, No.7-8, pp.465-469.2003.
  81. 中村 太郎,嵯峨 宣彦 他,均一系電気粘性流体を用いたセミアクティブ機構の可変粘性制御,電気学会論文誌D, Vol.123, No.11, pp.1045-1050, 2002.
  82. Norihiko Saga and Taro Nakamura, "Elucidation of Propulsive force of micro-robot using magnetic fluid", Journal of Applied Physics, Vol.91, No.10, Parts 2 and 3, pp. 7003-7005, 2002.
  83. 中村 太郎,嵯峨 宣彦 他,均一系ER流体の温度特性に関する検討, 電気学会論文誌D, Vol. 122, No.12, pp. 1243-1249, 2001.
  84. 嵯峨 宣彦,中村 太郎 他, 一軸型ERクラッチの開発とその基礎特性,電気学会論文誌D, No.121 No. 10, pp.1055-1060, 2001.
  85. Norihiko Saga, Taro Nakamura et.al, "Development and Evaluation of One Shaft type ER Clutch", Journal of Robotics and Mechatronics. Vol.13 No.4, pp.432-437, 2001.
  86. 中村 太郎,佐々木 芳宏,嵯峨 宣彦,高橋 義雄, 電気油圧サーボ系のロバスト制御に関する性能評価(第2報) -各種パラメータ変動に対する実験的比較-,電気学会論文誌D, Vol.120, No.7, pp.916-921,1055-1060, 2000.
  87. 嵯峨 宣彦,中村 太郎,高橋 義雄, 自動車用発電機における高速電磁騒音に関する検討,電気学会論文誌D, Vol.120, No.6, pp.810-815, 2000.
  88. 佐々木 芳宏,中村 太郎,高橋 義雄, 電気油圧サーボ系のロバスト制御に関する研究(比例弁・油圧シリンダ系の位置制御), 日本油空圧学会論文集, Vol.31, No.2, pp.14-19, 2000.
  89. 中村 太郎,佐々木 芳宏,嵯峨 宣彦,高橋 義雄, 電気油圧サーボ系のロバスト制御に関する性能評価(第1報) -ロバスト性・制御入力・外乱抑圧特性に対する実験的比較-,電気学会論文誌D, Vol.120, No.3, pp. 423-429, 2000.

解説論文.その他

  1. 山田泰之,中村太郎,“空気圧人工筋肉を用いた柔らかい生物型ロボットの開発と応用事例”,油空圧技術,Vol.57, No.7, (2018.7)
  2. 中村 太郎, ”大腸の動きに着目した「蠕動運動」でロケット燃料を作る―中央大学発ベンチャー企業「Solaris」:事業化への挑戦―”, 研究:Chuo Online: YOMIURI ONLINE(読売新聞)(2018.7)
  3. 奥井学,中村太郎,“可変粘弾性下肢アシスト装具Airsist I”,油空圧技術,Vol.57, No.6, (2018.6)
  4. 眞野雄貴,中村太郎,“ミミズの蠕動運動を模倣した圧送管内検査用ロボットの開発”,月刊下水道,Vol.41,No.7,(2018.6)
  5. 岩崎 祥大, 芦垣 恭太, 松本 幸太郎, 山田 泰之, 中村 太郎, 羽生 宏人,“蠕動運動型ラバー混合器の分散捏和効率に関する検討”, 高エネルギー物質研究会 平成29年度研究成果報告書, JAXA-RR-17-008, 51-56, (2018.03)
  6. 中村 太郎,”生物・生体の機能を模範としたソフトロボティクス”, システム制御情報学会誌, Vol.61, No.7, pp265-270, (2017.07)
  7. 中村 太郎,”空気圧人工筋肉による生体・生物を規範としたソフトロボットの開発とその応用事例”, 油空圧技術, 702. Vol.56. No.7, pp19-24, (2017.07)
  8. 加藤 俊一, 梅田 和昇, 丸山 剛司, 工藤 裕子, 秋澤 光, 神島 裕子, 中村 太郎, 緑川 晶, ”感性工学と人工知能技術の接点 -新技術の社会実装上の課題- ”, 日本感性工学学会誌, 第15巻1号, pp32-35, (2017.05)
  9. 中村 太郎, ”空気圧システムを用いた大腸内視鏡挿入デバイスの開発”, 計測自動制御学会誌 Vol.56 pp281-285 (2017.04)
  10. 内海 克哉,高田 淳, 冨田 健, 中村 太郎, 蠕動運動型ロボット「ミミズロボット」の紹介 〜新しい圧送管調査機器の開発, 検査技術vol.21 No.7,pp28-31(2016.07)
  11. 冨田 健, 石川 龍太郎, 中村 太郎, 高田 淳, ミミズに蠕動運動を用いた圧送管検査用ロボットの開発, 環境浄化技術Vol.15 No.4,pp62-65 (2016.07)
  12. 岩崎 翔大, 松本 幸太郎,吉浜 舜,山田 泰之,中村 太郎,羽生 宏人,蠕動運動ポンプを用いた固体推進薬スラリ連続捏和に関する研究,高エネルギー物質研究会平成27年度研究成果報告書, JAXA-RR-15-004, 41-48 (2016.03)
  13. 岩崎 祥大, 伴 遼介, 吉浜 舜, 中村 太郎, 羽生 宏人,“人工筋肉アクチュエータによる固体推進薬の連続捏和”,高エネルギー物質研究会平成26年度研究成果報告書, JAXA-RR-14-005, 41-47(2015.03)
  14. 中村 太郎, 空気圧ゴム人工筋肉の開発とロボットシステムへの応用, MATERIAL STAGE, Vol.13 No.7 (2013.10)
  15. 中村 太郎, 空気圧人工筋肉を用いたバックドライバブルな可変剛性機構とその制御, 日本ロボット学会誌, Vol.31 No.6 (2013.07)
  16. 中村 太郎, 宇宙を目指すミミズ型ロボット-ミミズ型ロボットは月の夢をみるか?, 科学, vol.82 No.8 pp905-906 (2012.08)
  17. 中村 太郎, 生物の運動機構を規範としたロボット設計とその応用例, 設計工学会誌, Vol.45 No.6 pp.12-20 (2011.6)
  18. 中村 太郎, 天然ゴムとマイクロカーボン繊維を用いた高出力ゴム人工筋肉の開発と応用, Polyfile, No.6 pp.42-47 (2011)
  19. 中村 太郎, 自転車のススメ!, 機械技術, Vol.55, No. 2 , pp.16, (2011.2)
  20. 中村 太郎, 平成21年度の機能性流体分野の研究動向, フルードパワーシステム学会誌, Vol. 41 No. E19 (2010.7)
  21. 中村 太郎, 高出力人工筋肉の開発とロボットへの応用, 研究:Chuo Online: YOMIURI ONLINE(読売新聞)(2009.3)
  22. 中村 太郎, ロボットの“動き”をデザインする,物理雑誌 パリティ, 24(9) pp.63 丸善 2009.11
  23. 中村 太郎, 最新ロボット事情,バイオメカトロニクス−可能性が広がる生物型ロボット−,ロボコンマガジンNo.63, pp112-115, オーム社,2009.5
  24. 朴 和彦, 中村 太郎,緩衝機能を有する3自由度ソフトマニピュレータ,油空圧技術,pp.21-26,2008.11
  25. 中村 太郎,ミミズ型の蠕動運動型ロボット,草の緑 2008.6
  26. 中村 太郎, 空気圧システムの研究動向,フジサンケイビジネスアイ,2008.4
  27. 中村 太郎, 動物に学ぶ−ミミズに学ぶ蠕動運動型ロボット,物理科学雑誌パリティ,Vol.23,No.2,pp.58-63,丸善,2008.2
  28. 中村 太郎, 軸方向繊維強化型空気圧ゴム人工筋肉の開発, 日本機械学会誌, Vol.110, No. 1062, pp.73, 2007.5
  29. 中村 太郎, 平成17年度機能性流体の研究動向,フルードパワーシステム学会誌,vol.37,No.E1,pp.23-27, 2006.8
  30. 中村 太郎, 軸方向繊維強化された空気圧人工筋肉の開発,マテリアルステージVol.6,No.7,pp.67-71, 2006.8
  31. 中村 太郎, 対人衝突時に安全確保が可能なマニピュレータの開発(衝突力検知機能を有する空気圧緩衝材の開発),油空圧技術,Vol.45,No.11,pp.35-40, 2006.8
  32. 中村 太郎, MR流体ダンパを用いた振動制御の最前線に迫る, 精密工学会誌,Vol.72,No.7,pp. 819-812. 2006.5
  33. 中村 太郎, 生物・生体を模倣したロボットを目指して,精密工学会誌, Vol. 71, No.11, pp.1371-1372, 2005.11
  34. 中村 太郎, もう一度復習したい幾何公差,精密工学会誌, Vol.71, No.4, pp.447-450, 2005.4.
  35. 中村 太郎, もう一度復習したい寸法公差・はめあい,精密工学会誌, Vol.71, No.3, pp.327-330, 2005.3

著書・教科書

  1. 中村 太郎, 奥井 学(共著:「オーグメンテッド・ヒューマン 〜AIと人体科学の融合による人機一体、究極のIFが創る未来〜」 第2編), S&T出版, (2018.1)
  2. 中村 太郎, 戸森 央貴(共著:「実用化に向けたソフトアクチュエータの開発と応用・制御技術」 開発研究編第3章), シーエムシー出版,(2017.3)
  3. 中村 太郎(共著:「ソフトアクチュエータの材料・構成・応用技術」 8章), S&T 出版(2016.11)
  4. 中村 太郎(共著:「ロボットの動きをデザインする」担当),「先生,物理っておもしろいんですか?」,パリティ編集委員会編,丸善出版,(2015.05)
  5. 中村 太郎(共著:「空気圧ゴム人口筋肉の開発とロボットシステムへの応用」担当), 「パワーアシスト・ロボットに関する材料,電子機器,制御と実用化,その最新技術」,技術情報協会, (2015.04)
  6. 中村 太郎(共著:「ミミズの蠕動運動を規範としたロボット設計と様々な分野への応用」担当),「生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用」,(株)技術情報協会(2014.07)
  7. 中村 太郎(共著: 第13章「人工筋肉の開発と拮抗関節への応用」担当), 「筋機能改善の理学療法とそのメカニズム」望月久, 山田茂編著, (2014.5)
  8. 中村 太郎(単著), 「図解 人工筋肉 ソフトアクチュエータが拓く世界」, 日刊工業新聞社, (2011.11)
  9. 中村 太郎(共著 : 第2章「分解する」担当), 「ロボティクス」日本機械学会編, (2011.9)
  10. 中村 太郎(共著 : 第1編第6章「バイオミメティクス」担当), 「ロボットテクノロジー」, 日本ロボット学会編, (2011.8)