Members Only

お名前:
題名:

「ディジタルペン」の研究内での位置付け

m? (2006-03-19 20:03:13 (日))

ディジタルペンはいろいろあって,
コクヨmimio(http://www.kokuyomimio.com/)とか
アノトペン(http://www.anoto.co.jp/)とかね.

でもairpenの何がアツイかというと,
ソフトウェア開発キットが提供されてるって点!
これを使えば,既存のソフトウェアだけじゃなくて,
私が私自身の目的に合わせたソフトが作れるってこと.

自分の生活には必要じゃないけど,研究に使いたいなぁと.
でもここでギクッとするのは,それでも「私の生活には必要じゃない現実」があるってことだ.

その理由として,おそらく現状のコンピュータ技術(特にパソコン)はディジタル世界とアナログ世界(実世界)のギャップを埋めきれていない.
埋め切れていないというよりも,埋める気すらないでしょ.
たとえばPCの中のデータを使うにはPCの前に座らないと取り出せない.
しかもファイル名だのURLだのコンピュータ世界でしか使わない名前(記号)を使って.
だからどうしてもPCを使う活動とそれ以外の活動が分離してしまって,
ディジタル化する意味(価値)はPCの前でしか発生しない.

私はそのギャップを取り除いて,人がもっと様々な場面で円滑にコンピュータの機能を使っていくにはどうしたらいいの?って方向の研究をしてるんだよね.
もちろんその本当の目的は,単に便利なコンピュータを作りたいってことじゃなくて,人が(コンピュータの使い方とか情報収集に労力を使うんじゃなくて)人の能力をもっと有効に活用できるような環境を作ることで,人自身がもっと楽しかったりもっと感動的だったり,その結果新しい何かに触れられたらうれしいなって考えているんだけどね.

ギャップを取り除こうってコンセプトで作った第一作目を体験したのが貴ちゃんなわけだけど,そんなことを感じてもらうことはできただろうか?

今の私の研究テーマは,電子データをPCからお外へ出そう!ってことをしていて,
このペンを私のシステムで使ったら,
そこらへんで書いたデータをそこらへんに保存できるようになるんだよね.
だから,フォルダ名とかファイル名でデータを取り出すんじゃなくて,
「あ,この辺で書いたな」とか言って取り出せる.
かつ何もモノを持ち運ばなくてもデータだけを持ち運べるようになる.


お名前:

PukiWikiでブログ

m? (2006-03-19 16:35:39 (日))

http://pukiwiki.sourceforge.jp/?%E8%87%AA%E4%BD%9C%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%2Fblog2.inc.php

このプラグインを使うのもいいし,もう一つPukiWikiを解凍してもいいなぁ. 時間ないなぁ...


お名前:

コンテンツの蓄積について

m? (2006-03-19 16:01:10 (日))

私の研究は,「コンテンツの蓄積方法」に関する研究でもある.
ポイントは


お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS