Members Only

Survey

人の行動履歴の蓄積とlocation-based applicationとの関係

(2006-03-19)

お名前:
題名:

まとめ

私の研究とそれらの研究の差異

まずこれから私が試みようとしていることは,

この目的は知能化空間が人へサービスを提供する場合(そのサービスを設計する場合),
その位置が人にとってどのような役割を果たす場所であるのかということを知る必要があるからである.
たとえば,立ち話をよくする場所なのか,デスクワークをする場所なのか,情報収集をする場所なのか,
プレゼンをする場所なのか,成果物を展示する場所なのか,などである.

しかし,そのような人にとっての空間の意味を事前に設計者が入力することは労力の観点から合理的ではなく,知能化空間が自動的に意味を抽出しサービス計画に利用できることが望ましい.

これまでの研究において,空間メモリを提案してきた.
この空間メモリは,空間の位置,コンテンツ,アクセス範囲をパラメータとしてもち,
実空間の任意の点に配置できる.

空間の意味表現に関する研究

松尾豊, 高木朗, 平塚誠良, 橋田浩一, 中島秀, ~
"空間の意味表現と空間機能検索", 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A303-01,

この論文のポイント

この研究との差異

この研究において,人が空間にある意味づけをしているという着想までは私のアプローチと同じ.
ただし,こちらの方が,ユーザタイプを細かく定義したり,空間に含まれるモノや状況などを細かく定義しているところが異なる.
これは,この研究が人が空間に関連した情報収集すること(ある状況におかれた人に対して適切な情報を提供すること)を目的にしているためである.

一方,私の研究ではある状況におかれた人に対して適切なサービスを提供すること自体は同じ方向性であるが,
情報提供にとどまらず機械システムの制御だったり,ロボットの利用だったり,サービス内容は様々である(それが空間知能化であるから).

その根本的な目的の違いがあるために,以下のようなアプローチの違いが現れる.

センサ情報収集基盤設計のためのアプリケーションと空間の関係

岩谷晶子, 高汐一紀, 徳田英幸,
"センサの遍在環境におけるユーザの周辺情報の蓄積方法に関する考察", 情報処理学会 第三回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, Vol.2004 (004) 2004年1月 pp.93-100

この論文のポイント

似ているか!?と思っていたけど,全然似ていない.

この研究との差異

アプリケーションがどうやってセンサ情報を収集しますか?ってところが主眼.
アプリケーションの内容を決める,仕様を決める上では人がどう活動するか
考慮に入れる必要があり,その結果,人にとっての空間の意味に思考を発展させている.
空間を扱っているのは以下の部分.

関連研究

ユビキタス空間の構築

ユビキタス空間における人の活動


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS