&size(30){Publication list};
 #contents
 * Category of papers [#h6f5bfc4]
 ** Journal papers [#k7f96c77]
 + 新妻実保子,橋本洋志,木村幸男,石島辰太郎:「サーボ系に基づく歩行行動モデル」,電気学会産業応用部門誌,Vol.123,No.1,pp.1-8,2003
 + 橋本 秀紀, 新妻 実保子, 佐々木 毅, "空間知能化 -インテリジェント・スペース-", 日本ロボット学会誌, Vol.23, No.6, pp.674-677, 2005.07, ISSN 0289-1824
 + 橋本洋志,竹田大祐,大山恭弘,石井千春,新妻実保子,橋本秀紀, "まつわりつきロボット動作の心理的評価", 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.126, No.1, pp.83-90, 2006.
 + 新妻実保子, 橋本洋志, 橋本秀紀,"空間メモリ:知識活用を支援する空間知能化", 計測自動制御学会論文誌,第42巻4号, pp.367-375, 2006.
 ** International conference papers [#y448d306]
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, Y.Kimura and S.Ishijima : "Movement Model of Multiple Mobile Robots Based on Servo System",  Proc. of Int. Symp. on Distributed Autonomous Robotic Systems (DARS 02), pp.247-256, Springer, ISBN4-431-70339-X, Fukuoka Japan, June, 2002 
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, Y.Kimura and S.Ishijima : "Movement Model of Multiple Mobile Robots Based on Human Collision Avoidance", The IEEE 2002 International Conference on Industrial Electronics (IECON'2002), SF-000921, Sevilla Spain, November, 2002
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, H.Hashimoto, A.Watanabe : ”Spatial Human Interface in a Working Environment- Introduction of Spatial-Knowledge-Tags to Access the Memory of Activity -”, The 2nd Pan-Pacific Symposium on Information Technology, pp.92-96, Tokyo Japan, June, 2004
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, H.Hashimoto, and A.Watanabe : "Spatial Human Interface in Working Environment --Spatial-knowledge-tags to Access the Memory of Activity--", the 30th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 04), TC5-5, Busan Korea, November, 2004
 + H.Hashimoto, N.Hino, Y.Ohyama, M.Niitsuma and C.Ishii : “Positioning Control of the Finger Tip Drive Type of Linear Stage”, the 30th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 04),Busan Korea, November, 2004
 + T.Jin, K.Morioka, M.Niitsuma, T. Sasaki, H.Hashimoto,"A Study on the Application of Spatial-Knowledge-Tags using Human Motion in Intelligent Space", 2005 International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS 2005),  2005,
 Gyeong Gi, Korea
 + Mihoko Niitsuma, Hiroshi Hashimoto, Hideki Hashimoto, "Interaction with Spatial Memory by Using Human Indicator", 
 Proceedings of SICE Annual Conference 2005 in Okayama, pp.2330-2335, 2005.08, Okayama, Japan
 + Mihoko Niitsuma, Hiroshi Hashimoto, Hideki Hashimoto, "An Evaluation of Spatial Memory Based on Human Performance", Proceedings of the 31st Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON '05), p.RF-000901, 2005.11, North Carolina, USA
 + Mihoko Niitsuma, Hiroshi Hashimoto, Hideki Hashimoto, "Efficiency Evaluation of Human Performance Using Spatial Memory", Proceedings of the 36th International Symposium on Robotics, p.WE311, 2005.11, Tokyo, Japan, ISBN4-9902717-0-X
 + Mihoko Niitsuma, Hiroshi Hashimoto, Hideki Hashimoto, "Spatial Memory: An Aid System for Human Activity in Intelligent Space", Proceedings of The 2006 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2006), pp.4258-4263, 2006.
 
 ** Domestic conference papers [#pee2e5ff]
 + 新妻実保子, 橋本洋志, 木村幸男, 石島辰太郎:「回避行動を取り入れた歩行行動のモデリング」, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, 103-C, 名古屋市, 7月, 2001
 + 橋本洋志,中川伸也,新妻実保子,柴武稔:「セラミックスフィンガーチップを有する超音波モータを用いたリニアステージ制御」,第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集,205A-1,名古屋市, 7月,2001年
 + 新妻実保子, 須藤由江, 橋本洋志, 木村幸男, 石島辰太郎:「サーボ系に基づく歩行行動モデル」,平成13年電気学会産業応用部門大会講演論文集, pp.459-462, 松江市, 8月, 2001
 + 岩波陽平, 新妻実保子, 橋本洋志:「GAを用いた群集行動モデル」, 第44回自動制御連合講演会前刷, pp.332-335, 横浜市, 11月, 2001
 + 須藤由江・新妻実保子・橋本洋志:「電気自動車のヒューマンフレンドリィな操作〜ジョイスティックの操作量のマッピング〜」,平成14年度電気学会産業応用部門大会講演論文集,pp.1140,鹿児島市,8月,2002年
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, Y.Kimura and S.Ishijima : "Movement Model of Crowd Robots with Collision Avoidance", Proc. of the Second Japan-China Int. Workshop on Internet Technology and Control Applications (ITCA2002), pp.83-88, Hachioji, October, 2002
 + 新妻実保子,橋本洋志,木村幸男,石島辰太郎:「狭い通路における群集の様相」,第3回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集,pp.197-198, 神戸市, 12月, 2002
 + 新妻実保子,橋本洋志,橋本秀紀,渡邊朗子:「空間知能化における身体を用いた空間ヒューマンインタフェース」,ロボティクス・メカトロニクス講演会’04,2P1-L1-37, 名古屋市, 6月, 2004
 + 齋藤将人,竹田大祐,新妻実保子,橋本洋志:「散歩サポートロボットの追従動作における一考察」,平成16年度電気学会産業応用部門大会, 高松市, 9月, 2004
 + 新妻実保子,橋本洋志,橋本秀紀,渡邊朗子:”An Architecture of Spatial-Knowledge-Tags to Access Memory of Human Activity”,平成16年度電気学会産業応用部門大会, 2-S6-2 , 高松市, 9月, 2004
 + 新妻実保子, 常山悌,橋本洋志,橋本秀紀,渡邊朗子:「空間メモリを用いた高度活動支援技術」,第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 3K2-1, つくば市, 12月, 2004
 + 新妻実保子, 牛山美鈴,橋本洋志,石井千春:「四足方向ロボットを用いた生活支援技術〜遠隔移動モニタリング〜」,第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 3K2-2,つくば市, 12月, 2004
 + 齊藤将人,竹田大祐,新妻実保子,橋本洋志:「生体情報を考慮した散歩サポートロボットの開発」,第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,つくば市, 12月, 2004
 +新妻 実保子, 橋本 秀紀, "空間知能化における空間メモリを用いた実世界と電子情報の統合", 第23回日本ロボット学会学術講演会予稿集, p.2B25, 2005.09, 神奈川
 +新妻 実保子, 橋本 洋志, 橋本 秀紀, "空間メモリによる知的作業の支援 -机上作業での評価-", 第6回 SICEシステムインテグレーション部門講演会(SI2005)講演論文集, pp.475-476, 2005.12, 熊本
 +安部 忍, 新妻 実保子, 橋本 秀紀, 橋本 洋志, "空間メモリ整理のためのSpatial-Knowledge-Tagの視覚化", 第6回 SICEシステムインテグレーション部門講演会(SI2005)講演論文集, pp.829-839, 2005.12, 熊本
 +新妻 実保子, 橋本 秀紀, "知能化空間における空間メモリを用いた人間の活動履歴の抽出", 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2006, p.2P1-E17, 2006.03, 新宿区
 ** Others [#p51f004c]
 +【招待講演】 新妻実保子,橋本洋志:「大学・専門学校初心者から四足ロボット研究者育成への教育の試み」,OPEN-R SIG ロボカップジャパンオープン, 大阪市, 5月, 2004
 +【座談会】 橋本研究室, "座談会「機械と人との在り方とは何か」空間知能化とロボティクスの視点から", Mobile Society Review 未来心理, Vol.4, No.WINTER, pp.52-57, 2005.12
 +【講演+展示】 新妻実保子(未来心理研究会) + 高汐一紀(慶應義塾大学,未来心理研究会), "空間と人の融合 〜ユビキタスの再定義〜", モバイル社会シンポジウム2006, 2006, ICC, 初台.&color(#FF0000,){空間メモリの一般公開を行いました};(協力:モバイル社会研究所未来心理研究会,古河機械金属株式会社,慶應義塾大学徳田・高汐研究室のみなさま)
 * Years [#a93c6bb9]
 ** 2001 [#r8ecee6c]
 *** Domestic conference papers [#n7c527fb]
 + 新妻実保子, 橋本洋志, 木村幸男, 石島辰太郎:「回避行動を取り入れた歩行行動のモデリング」, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, 103-C, 名古屋市, 7月, 2001
 + 新妻実保子, 須藤由江, 橋本洋志, 木村幸男, 石島辰太郎:「サーボ系に基づく歩行行動モデル」,平成13年電気学会産業応用部門大会講演論文集, pp.459-462, 松江市, 8月, 2001
 + 岩波陽平, 新妻実保子, 橋本洋志:「GAを用いた群集行動モデル」, 第44回自動制御連合講演会前刷, pp.332-335, 横浜市, 11月, 2001
 
 ** 2002 [#wfad6898]
 *** International conference papers [#k245cef7]
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, Y.Kimura and S.Ishijima : "Movement Model of Multiple Mobile Robots Based on Servo System",  Proc. of Int. Symp. on Distributed Autonomous Robotic Systems (DARS 02), pp.247-256, Springer, ISBN4-431-70339-X, Fukuoka Japan, June, 2002 
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, Y.Kimura and S.Ishijima : "Movement Model of Multiple Mobile Robots Based on Human Collision Avoidance", The IEEE 2002 International Conference on Industrial Electronics (IECON'2002), SF-000921, Sevilla Spain, November, 2002
 
 *** Domestic conference papers [#qf1f70cc]
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, Y.Kimura and S.Ishijima : "Movement Model of Crowd Robots with Collision Avoidance", Proc. of the Second Japan-China Int. Workshop on Internet Technology and Control Applications (ITCA2002), pp.83-88, Hachioji, October, 2002
 + 新妻実保子,橋本洋志,木村幸男,石島辰太郎:「狭い通路における群集の様相」,第3回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集,pp.197-198, 神戸市, 12月, 2002
 
 ** 2003 [#ra6b8186]
 *** Journal paper [#ufddbcb0]
 +新妻実保子,橋本洋志,木村幸男,石島辰太郎:「サーボ系に基づく歩行行動モデル」,電気学会産業応用部門誌,Vol.123,No.1,pp.1-8,2003
 
 ** 2004 [#y1d7bf9a]
 *** International conference papers [#i6c2a139]
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, H.Hashimoto, A.Watanabe : ”Spatial Human Interface in a Working Environment- Introduction of Spatial-Knowledge-Tags to Access the Memory of Activity -”, The 2nd Pan-Pacific Symposium on Information Technology, pp.92-96, Tokyo Japan, June, 2004
 + M.Niitsuma, H.Hashimoto, H.Hashimoto, and A.Watanabe : "Spatial Human Interface in Working Environment --Spatial-knowledge-tags to Access the Memory of Activity--", the 30th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 04), TC5-5, Busan Korea, November, 2004
 
 *** Domestic conference papers [#z6768b29]
 + 新妻実保子,橋本洋志,橋本秀紀,渡邊朗子:「空間知能化における身体を用いた空間ヒューマンインタフェース」,ロボティクス・メカトロニクス講演会’04,2P1-L1-37, 名古屋市, 6月, 2004
 + 新妻実保子,橋本洋志,橋本秀紀,渡邊朗子:”An Architecture of Spatial-Knowledge-Tags to Access Memory of Human Activity”,平成16年度電気学会産業応用部門大会, 2-S6-2 , 高松市, 9月, 2004
 + 新妻実保子, 常山悌,橋本洋志,橋本秀紀,渡邊朗子:「空間メモリを用いた高度活動支援技術」,第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 3K2-1, つくば市, 12月, 2004
 + 新妻実保子, 牛山美鈴,橋本洋志,石井千春:「四足方向ロボットを用いた生活支援技術〜遠隔移動モニタリング〜」,第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 3K2-2つくば市, 12月, 2004
 *** Others [#adc51982]
 +【招待講演】 新妻実保子,橋本洋志:「大学・専門学校初心者から四足ロボット研究者育成への教育の試み」,OPEN-R SIG ロボカップジャパンオープン, 大阪市, 5月, 2004
 
 ** 2005 [#r1385be1]
 *** Journal papers [#eaf0e1bd]
 +橋本 秀紀, 新妻 実保子, 佐々木 毅, "空間知能化 -インテリジェント・スペース-", 日本ロボット学会誌, Vol.23, No.6, pp.674-677, 2005.07, ISSN 0289-1824
 *** International conference papers [#s083e154]
 + T.Jin, K.Morioka, M.Niitsuma, T. Sasaki, H.Hashimoto,"A Study on the Application of Spatial-Knowledge-Tags using Human Motion in Intelligent Space", 2005 International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS 2005),  2005,
 Gyeong Gi, Korea
 + Mihoko Niitsuma, Hiroshi Hashimoto, Hideki Hashimoto, "Interaction with Spatial Memory by Using Human Indicator", 
 Proceedings of SICE Annual Conference 2005 in Okayama, pp.2330-2335, 2005.08, Okayama, Japan
 + Mihoko Niitsuma, Hiroshi Hashimoto, Hideki Hashimoto, "An Evaluation of Spatial Memory Based on Human Performance", Proceedings of the 31th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON '05), p.RF-000901, 2005.11, North Carolina, USA
 + Mihoko Niitsuma, Hiroshi Hashimoto, Hideki Hashimoto, "Efficiency Evaluation of Human Performance Using Spatial Memory", Proceedings of the 36th International Symposium on Robotics, p.WE311, 2005.11, Tokyo, Japan, ISBN4-9902717-0-X
 *** Domestic conference papers [#r434c2ee]
 +新妻 実保子, 橋本 秀紀, "空間知能化における空間メモリを用いた実世界と電子情報の統合", 第23回日本ロボット学会学術講演会予稿集, p.2B25, 2005.09, 神奈川
 +新妻 実保子, 橋本 洋志, 橋本 秀紀, "空間メモリによる知的作業の支援 -机上作業での評価-", 第6回 SICEシステムインテグレーション部門講演会(SI2005)講演論文集, pp.475-476, 2005.12, 熊本
 +安部 忍, 新妻 実保子, 橋本 秀紀, 橋本 洋志, "空間メモリ整理のためのSpatial-Knowledge-Tagの視覚化", 第6回 SICEシステムインテグレーション部門講演会(SI2005)講演論文集, pp.829-839, 2005.12, 熊本
 *** Others [#b076472a]
 +【座談会】橋本研究室, "座談会「機械と人との在り方とは何か」空間知能化とロボティクスの視点から", Mobile Society Review 未来心理, Vol.4, No.WINTER, pp.52-57, 2005.12
 
 **2006 [#if078add]
 *** Journal papers [#tb0ed655]
 + 橋本洋志,竹田大祐,大山恭弘,石井千春,新妻実保子,橋本秀紀, "まつわりつきロボット動作の心理的評価", 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.126, No.1, pp.83-90, 2006.
 + 新妻実保子, 橋本洋志, 橋本秀紀,"空間メモリ:知識活用を支援する空間知能化", 計測自動制御学会論文誌,第42巻4号, pp.367-375, 2006.
 
 *** International conference papers [#n9ba2b02]
 + Mihoko Niitsuma, Hiroshi Hashimoto, Hideki Hashimoto, "Spatial Memory: An Aid System for Human Activity in Intelligent Space", Proceedings of The 2006 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2006), pp.4258-4263, 2006.
 
 *** Domestic conference papers [#zab7b360]
 + 新妻 実保子, 橋本 秀紀, "知能化空間における空間メモリを用いた人間の活動履歴の抽出", 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2006, p.2P1-E17, 2006.03, 新宿区.
 
 *** Others [#i93d4920]
 +【講演+展示】 新妻実保子(未来心理研究会) + 高汐一紀(慶應義塾大学,未来心理研究会), "空間と人の融合 〜ユビキタスの再定義〜", モバイル社会シンポジウム2006, 2006, ICC, 初台.&color(#FF0000,){空間メモリの一般公開を行いました};(協力:モバイル社会研究所未来心理研究会,古河機械金属株式会社,慶應義塾大学徳田・高汐研究室のみなさま)
 +【講演+展示】 新妻実保子(未来心理研究会) + 高汐一紀(慶應義塾大学,未来心理研究会), "空間と人の融合 〜ユビキタスの再定義〜", モバイル社会シンポジウム2006, 2006, ICC, 初台.&color(#FF0000,){空間メモリの一般公開を行いました};(主催:モバイル社会研究所,協力:古河機械金属株式会社,慶應義塾大学徳田・高汐研究室のみなさま)

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS