PAGE TOP ▲

学術論文

Hiroshi Kawaharada, Yusuke Imai, Hiroyuki Hiraoka
Quadrilateral Meshing for Hexahedral Mesh Generation Based on Facet Normal Matching
International Journal of Automation Technology, Fuji Technology Press,Au8-3-6380 Vol.8, No.3, pp. 356-364, 2014 査読あり

Ryoya Kamata, Ryosuke Tamura, Satoshi Niitsu, Hiroshi Kawaharada, Hiroyuki Hiraoka
Use of 1DOF Haptic Device for Remote-Controlled 6DOF Assembly
International Journal of Automation Technology, Fuji Technology Press, Au8-3-6394 Vol. 8, No. 3, pp. 452-459, 2014 査読あり

Yusuke Imai, Hioryuki Hiraoka, Hiroshi Kawaharada
Quadrilateral Mesh Fitting that Preserves Sharp Features based on Multi-Normals for Laplacian Energy
Journal of Computational Design and Engineering, vol. 1, No. 2, pp. 88-95, 2014 査読あり

Takayuki Nakada, Hiroyuki Hiraoka
Network agents for supporting consumers in the lifecycle management of individual parts
International Journal of Product Lifecycle Management、lnderscience Publishers,5[1]pp.4-20,2011 査読あり

川原田寛,加瀬究
Perturbations of subdivision schemes by Laplacian Operator and Discrete Fourier Transform
ACDDE 2010,SCCE,p.400,2010 査読あり

川原田寛,加瀬究
Visibility of Subdivision Surfaces
ICGG 2010,ISGG,p.171,2010 査読あり

Hiroyuki Hiraoka, Kengo Nishida, Kazuma Ito
Life Cycle Simulation of Parts Supported by Network Agents Proceedings of 2010 ISFA 2010 International Symposium on Flexible
Automation,米国機械学会,システム制御情報学会,2010 査読あり

Yoshihito Kikuchi, Hiroyuki Hiraoka, Akihiko Ohtaka, Fumiki Tanaka, Kazuya G. Kobayashi, Atsuto Soma
PDQ (Product Data Quality): Representation of Data Quality for Product Data and Specifically for Shape Data
Transaction of the ASME, Journal of Computing and Information Science in Engineering,ASME, The American Society of Mechanical Engineers,10021003-1-021003-8,2010 査読あり

Hiroyuki Hiraoka and Atsushi Tanaka
Simulator for Reuse of Mechanical Parts with Network Agents
International Journal of Automation Technology,富士技術出版株式会社,3[1]pp.77-83,2009 査読あり

川原田寛,加瀬究
Dual Subdivision
CKJC 2008,CSIAM,p.15,2008 査読あり

川原田寛
Subdivision Matrices of Normals and Jacobians for Surface and Volume Subdivision Schemes
Mathematical Methods for Curve and Surface 2008,CMA,p.59,2008

A.Haapaniemi, H.Nagase, M.Fujimoto, H.Hiraoka, F.Kimura, T.Sata,:Development of a Real Time Numerical Control for Machining of Sculptured Surfaces
Proceedings of PROLAMAT85,IFIP/IFAC,pp.205-214,1985 査読あり

Y.Mizugaki, H.Hiraoka, F.Kimura, T.Sata,:Continuous Path Generation with Precise Control of Velocity and Orientation for Industrial Robots
Annals of CIRP、CIRP,34[1]pp.511-514,1985 査読あり

T.Sata, S.Takata, H.Hiraoka, C.Q.Li, X.Z.Xing, X.G.Xiao,:Analysis of Surface Roughness Generation in Tuming Operation and Its Applications
Annals of CIRP、CIRP,34[1]pp.473-476,1985 査読あり

H.Hiraoka, K.Shimada, Y.Taguchi, K.Kondo, S.Yoshida, T.Yokoyama, F.Kimura, T.Sata,:Utilization of Environmental Models for a Sensor Equipped Industrial Robot
Proceedings of 15th ISIR、ISIR,pp.113-120,1985 査読あり

T.Sata, F.Kimura,:Manufacturing Preparation by Use of Product Models in Computer
Robotics and Computer Integrated Manufacturing、Pergamon Press,1[3/4]pp.261-270,1985 査読あり

平岡弘之,P.ベルトーク,高田祥三,佐田登志夫,:計算機内立体モデルに基づく切削シミュレーション・システム
東京大学工学部紀要(A),東京大学工学部,23pp.22-23,1985 査読あり

平岡弘之,:検知外力に基づく懸索型マニピュレータラインの開発
計測自動制御学会論文集,計測自動制御学会,21[12]pp.62-68,1985 査読あり

T.Sata, F.kimura, H.Hiraoka, H.Suzuki, T.Fujita,:Comprehensive Modelling of a Machine Assembly for Off-Line Programming of Industrial Robots
Off-Line Programming of Industiral Robot、Elsevire Science,pp.19-33,1986 査読あり

T.Sata, F.kimura, H.Hiraoka, M.Enomoto,:An Approach to Model-Based Robot Software for Inductrial Applications
Computers in Industry,North-Holland,7[3]pp.211-225,1986 査読あり

平岡弘之,田口靖,榎本昌之,木村文彦,佐田登志夫:環境モデルを用いたロボット作業のオフライン・プログラミング・システムの試作
精密工学会誌,精密工学会,53[1]pp.137-143,1987 査読あり

平岡弘之,E.メンデス,横井秀俊,:ワイヤ放電加工による円錐板積層ブローチの開発
生産研究,東京大学生産技術研究所,39[6]pp.253-256,1987 査読あり

H.Yokoi, H.Hiraoka, H.V.Mendes, I.Misumi,:Development of a Laminated Broaching Tool Manufactured by Wire EDM
Annals of CIRP,CIRP,36[1]pp.127-130,1987 査読あり

H.V.M.Mendes, H.Hiraoka, H.Yokoi,:Laminated Broaches for Flexible Manufacturing:Experimental Tool Development
Proceedings of the 6th ICPE、ICPE,pp.256-261,1987 査読あり

H.Asama, S.Takata, H.Hiraoka, A.Matsumoto, T.Kohda, S.Kotosaka, I.Endo,:Framework for Evaluation of Autonomous Maintenance Robot Systems
Proceedings of Specialists'Meeting on Application of Artificial Intelligence and Robotics to Nuclear Plants,pp.164-175,1992

平岡弘之,:ロボットの障害物回避への局所的なコンフィギュレーション空間の利用
精密工学会誌,精密工学会,60[1]pp.70-74,1994 査読あり

H. Asama, S. Kotosaka, S. Takata, H. Hiraoka, T. Kohda, A. Matsumoto, K. Yamagishi, I. Endo,:Task Oriented Evaluation System for Maintenance Robots
Proceedings of Specialists' Meeting on Application of Artificial Intelligence and Robots to Nuclear Plants,1994

平岡弘之,井原透,:自律分散工場を中心とした生産システムの教育と実習
工業教育,日本工業教育協会,42[6]pp.26-30,1994 査読あり

T.Ihara, J.Zhu, H.Hiraoka, Y.Takeuchi,:A Modeling Approach to Determining New Factory System
Proceedings of Autofact,SME,MM95-103pp.1-12,1994

井原透,平岡弘之,桜庭俊介,天野公洋,:人間主体の分散型FAシステムの研究―加工システムの状況同定支援―
日本機械学会論文集,日本機械学会,60[580C]pp.4355-4360,1994 査読あり

琴坂信哉,高田祥三,幸田武久,浅間一,平岡弘之,松元明弘,遠藤勲,:作業達成確立によるロボットアームの信頼性評価
精密工学会誌,精密工学会,61[5]pp.717-721,1995 査読あり

S.Takata, H.Hiraoka, H.Asama, N.Yamaoka, D.Saito,:Facility Model for Life Cycle Maintenance System
Annals of CIRP、CIRP,44/1(to be appeared),1995 査読あり

杉村延広,森脇俊道,喜多俊樹,大高晢彦,平岡弘之,北嶋克寛,黒岩正,:STEPに基づく機械組立品の設計および解析のためのプロダクトモデルに関する研究
システム制御情報学会誌,システム制御情報学会,8[6],1995 査読あり

平岡弘之,内藤太一,石渡昌行,:STEPにおける制約の分類と表記手法の提案
精密工学会誌,精密工学会,63[11]pp.1533-1537,1997 査読あり

S.Takata, Y.Inoue, T.Kohda, H.Hiraoka, H.Asama,:Maintenance Data Management System
Annals of CIRP,48[1]pp.389-392,1999 査読あり

田中達雄,平岡弘之,:STEPの規格開発のための基数制約の記述
精密工学会誌、精密工学会,67[10]pp.1604-1608,2001 査読あり

木村文彦,高田祥三,平岡弘之,小林繁,岡本政弘,川島幸司,大林陽一郎,:統合的設計支援システムのためのモデリング環境
人工知能学会誌,18[2]pp.131-137,2003 査読あり

川原田寛,杉原厚吉,:Mesh Data Compression Based on Star-Shape Decomposition
ISM symposium Statistics, Combinatorics and Geometry,The Institute of Statistical Mathematics,p.41,2003 査読あり

川原田寛,杉原厚吉,:Compression of Arbitrary Mesh Data Using Subdivision Surfaces
The 10th Mathematics of Surfaces,LNCS,p.99,2003 査読あり

平岡弘之,:STEP技術を用いた製品モデル間の対応付け支援環境
設計工学(日本設計工学会誌),日本設計工学会,39[11]pp.619-626,2004 査読あり

金子晴信,平岡弘之,:リユース部品を含む製品の品質予測ー摩耗を考慮した公差解析ー
精密工学会誌,精密工学会,71[11]pp.71-82,2005 査読あり

川原田寛,杉原厚吉,:Line Subdivision
The 11th Mathematics of Surfaces,LNCS,p.240,2005 査読あり

高橋秀俊,小尾昭裕,坂本悠一,スクサワット バンディット,平岡弘之,井原 透,:技能教育を支援するNew OJTシステムの開発
精密工学会誌,精密工学会,72[11]pp.1429-1433,2006 査読あり

解説

平岡弘之
ロボディスクと計算力学
コンピュートロール,コロナ社,[8]pp.44-49,1984

平岡弘之
製図交換を4段階に分類、基礎情報はリソースで整理(CAD/CAMの舘、STEPの部屋・第5回)
日経メカニカル,日経BP社,[379]pp.98-106,1992

平岡弘之
CAD図面交換のためのSTEP製図モデル
精密工学会誌,精密工学会,59[12]pp.37-42,1993

ポスター発表

齋藤健大, 平岡弘之
遠隔組立作業に用いるhaptic deviceの操作性比較
第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018), 大阪工業大学, 1B5-11, pp.555-558

長畑健至, 齋藤大樹, 平岡弘之
部品の状態の因果関係に基づく保全行動の決定
2018 年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 A03-7, pp.32-33

安藤弘晃, 平岡弘之
曲面形状部品を含む遠隔組立作業のための仮想座標系システム
第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017), 1B5-03, pp.452-455

Seungki KIM,Yuhi YOSHIDA,Yusuke IMAI,Hiroshi KAWAHARADA
UNIFORMIZATION OF POINT CLOUD WITH SHARP FEATURES USING POISSON DISK SAMPLING AND RANDOMIZED HOUGH TRANSFORM
The 10th Asian Forum on Graphic Science (AFGS2015),バンコク

Y. Yamamori, K. Nanjo, H. Hiraoka
Matching Reused Products with Users Considering Their Satisfaction
EcoBalance 2014, Tsukuba, Japan: EcoBalance2014 Abstract Book P.194

山森 友貴、南条 佳祐、平岡 弘之
経路探索とマッチングによる家庭間リユース
エコデザイン プロダクト&サービスシンポジウム 2014 東京: エコデザイン プロダクト&サービスシンポジウム 予稿集 p131-134

Hiroyuki Hiraoka, Kengo Nishida, Atsushi Tanaka
Life Cycle Simulation for Promoting the Reuse of Parts Using Part Agents
EcoDesign2009: the Sixth International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing,2009

学術講演

益田直樹,平岡弘之
部品エージェントが用いる製品モデルの機能
エコデザイン・プロダクツ&サービス シンポジウム2018,EcoDePS 2016,早稲田大,東京, 2-4, pp.127-129

Tsuramichi Tanigawa, Takeru Nagahata, Naoki Masuda, Hiroyuki Hiraoka
Data structure for life cycle simulation in consideration of part agents promoting the reuse of mechanical parts
The 17th International Conference on Precision Engineering,Kamakura, Japan ,A-2-3

福増悠貴, 平岡弘之
部品エージェントを用いたマニピュレータ間のモジュール交換
2018 年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 O23, pp.803-804

長畑健至, 福永義規, 益田直樹, 平岡弘之
部品エージェントのための ライフサイクルシミュレーションへのベイズ推定の利用
2018 年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 O20, pp.799-800

長沢 篤, 平岡弘之
機械部品のリユースのための部品エージェントを用いた分解支援
2018 年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 O21, pp.801-802

齋藤健大, 安藤弘晃, 平岡弘之
1自由度のレバー型haptic deviceを用いた遠隔組立作業
2018 年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 P08, pp.841-842

谷川連陸, 平岡弘之
LCA に基づくHDD のライフサイクルシミュレーション
2018 年度精密工学会春季大会学術講演会 第25回学生会員卒業研究発表講演会 L10, pp.57-58

Yuuki Fukumashi, Atsushi Nagasawa, Yoshinori Fukunaga, Hiroyuki Hiraoka
Exchange of modules among robot manipulators using part agents
Going Green EcoDesign 2017, 10th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing - New Technologies and Eco-innovation Towards Sustainability - , A7-2

Atsushi Nagasawa, Yuuki Fukumashi, Yoshinori Fukunaga, Hiroyuki Hiraoka
Disassembly support for reuse of mechanical products based on a part agent system
Going Green EcoDesign 2017, 10th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing - New Technologies and Eco-innovation Towards Sustainability - , D6-3

Yoshinori Fukunaga, Yuuki Fukumashi, Atsushi Nagasawa, Hiroyuki Hiraoka
Bayesian estimation for the reuse of mechanical parts using part agents
Going Green EcoDesign 2017, 10th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing - New Technologies and Eco-innovation Towards Sustainability - , E1-1

Hiroyuki Hiraoka, Atsushi Nagasawa, Yuki Fukumashi, Yoshinori Fukunaga
Replacement of parts by part agents to promote reuse of mechanical parts
Product Lifecycle Management and the Industry of the Future, 14th IFIP WG 5.1 International Conference, PLM 2017, Seville, Spain, July 10-12, 2017, Revised Selected Papers (Eds.) Ríos, J., Bernard, A., Bouras, A., Foufou, S. Springer International Publishing ISBN 978-3-319-72904-6, DOI 978-3-319-72904-6 pp. 394-403

Hiroyuki Hiraoka, Atsushi Nagasawa, Yuki Fukumashi, Yoshinori Fukunaga
Replacement of parts by part agents to promote reuse of mechanical parts
14th International Conference on Product Lifecycle Management

Yumihito Yokoki,Hiroyuki Hiraoka
Life cycle simulation of mechanical parts with part agents considering user behavior
The 24th CIRP Conference on Life Cycle Engineering, Kamakura, Japan, A12-3

福増悠貴,平岡弘之
部品エージェントを用いた部品交換ー実験システムの構築ー
エコデザイン・プロダクツ&サービス 2016シンポジウム,EcoDePS2016,東京理科大,東京, 3-4

Atsushi Nagasawa,Hiroyuki Hiraoka
Part agent's support for disassembly of mechanical product
The 16th International Conference on Precision Engineering,Hamamatsu, Japan ,B301-8216

福永義規,横木弓人,平岡弘之
部品エージェンによる機械部品の再利用のためのベイジアンネットワーク
2016年度精密工学会秋季大会学術講演会, 茨城大学, 水戸, pp. 385-386

安藤弘晃,平岡弘之
遠隔組立作業のための少自由度Haptic deviceの開発
2016年度精密工学会春季大会学術講演会,東京理科大学, 野田 ,pp. 863-864

Satoshi Niitsu,Ryosuke Tamura,Hiroyuki Hiraoka
Detection of Contact Point of Parts Using a Force Sensor for Remote-Controlled Assembly Using a 1DOF Haptic Device
IJAT Vol.9 No.6 ,pp.747-755

Yuki Yamamori,Yumihito Yokoki,Hiroyuki Hiraoka
Seller-Buyer Matching for Promoting Product Reuse Using Distanced-Based User-Grouping
EcoDesign 2015 9th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing Tokyo International Forum, Tokyo Sustainability Through Innovation in Product Life Cycle Design, Springer, 2016,pp.733-738,pp.339-352

Yumihito Yokoki,Yuki Yamamori,Hiroyuki Hiraoka
User model in the life cycle simulation of mechanical parts based on Prospect theory
EcoDesign 2015 9th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing,Tokyo International Forum, Tokyo, Sustainability Through Innovation in Product Life Cycle Design, Springer, 2016 , pp.184-189,pp.353-365

吉田雄飛、キムスンキ、今井祐介、川原田寛
ポアソンディスクサンプリングとランダマイズドハフ変換を用いた角形状をもつ点群の均一化
日本応用数理学会2015年度年会、金沢大学、石川, pp. 243-244

今井 祐介、吉田 雄飛、キム スンキ、平岡 弘之、川原田 寛
三角形メッシュに対する均一かつ角上に点を持つサンプリングを用いた 六面体メッシュ生成
2015年度精密工学会秋季大会学術講演会, 東北大学,宮城,A31 pp. 39-40

Keisuke Nanjo, Yuki Yamamori, Yumihito Yokoki, Yuta Sakamoto, Hiroyuki Hiraoka
Maintenance decisions of part agent based on failure probability of a part using Bayesian estimation
The 22nd CIRP conference on Life Cycle Engineering, S12 108

Yusuke Imai,Hioryuki Hiraoka,Hiroshi Kawaharada
Edge Based Quadrilateral Mesh Fitting Using Normal Vector Diffusion
ijat

今井祐介、平岡弘之、吉田雄飛、川原田寛
六面体メッシュ生成時の目的形状姿勢と表面の数値評価
2015年度精密工学会春季大会学術講演会, 東洋大学, 東京, pp. 435-436

キム スンキ,吉田 雄飛,今井 祐介,志田 健太朗,竹澤 正仁,川原田 寛
Isomapを用いたB-spline曲面フィッティング
日本応用数理学会,2015年,研究部会連合発表会

田村亮佑,新津哲,平岡弘之
仮想座標系を用いた1自由度ハプティックデバイスによる 6自由度遠隔組立システムの構築
第57回 自動制御連合講演会,3A04-3 pp.1983-1986

Satoshi Niitsu, Ryosuke Tamura, Ryoya Kamata, Shinji Sinogi, Ryo Shimano, Hiroshi Kawaharada, Hiroyuki Hiraoka
Positioning of vertices of Voxel-Based All-hexahedral Meshes Using Radial Basis Functions
ACDDE2014, Asian Conference on Design and Digital Engineering, Jinnan, China

Y. Yamamori, K. Nanjo, H. Hiraoka
Matching Reused Products with Users Considering Their Satisfaction
EcoBalance 2014, Tsukuba, Japan , EcoBalance2014 Abstract Book P.194

横木弓人,南條佳祐,山森友貴,平岡弘之
部品エージェントのためのプロスペクト理論に基づいたユーザモデル
精密工学会2014年度秋季大会,2014年度精密工学会秋季大会,学術講演会講演論文集,pp.99-100

Yusuke Imai,Hioryuki Hiraoka,Hiroshi Kawaharada
Hexahedral Mesh Generation using Adaptive sampling based on Sharp Features
The 16th International Conference on Geometry and Graphics (ICGG 2014),Innsbruck, Austria,In Proceedings of the 16 th International Conference on Geometry and Graphics (ICGG 2014), pages 607–613.

山森 友貴,南条 佳祐,平岡 弘之
経路探索とマッチングによる家庭間リユース
エコデザイン プロダクト&サービスシンポジウム ,2014 ,東京 ,エコデザイン プロダクト&サービスシンポジウム 予稿集, p131-134

今井祐介,平岡弘之,川原田寛
曲面マッチングに基づく境界適合型六面体メッシュ生成
第21回「学生会員卒業研究発表講演会」 −今後の精密工学を担う萌芽的研究− , pp. 85-86

山森 友貴,南條 佳祐,加藤 慧,大川 宏史,川原田 寛,平岡 弘之
製品リユースのための経路探索システム
日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014,日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014講演論文集 p.87-88

Yusuke Imai, Shogo Moriya, Hioryuki Hiraoka, Hiroshi Kawaharada
Replicating Sharp Features of a Quadrilateral Mesh using the Corresponding Normal Vector
The 15th International Conference on Precision Engineering Kanazawa, Japan, ICPE2014, pp. 435-436

Ryosuke Tamura, Ryoya Kamata, Satoshi Niitsu, Shinji Sinogi, Ryo Shimano, Hiroshi Kawaharada, Hiroyuki Hiraokaa
Remote-Controlled 6DOF Assembly using a 1DOF Haptic Device with Virtual Coordinate System
The 15th International Conference on Precision Engineering (2014), Kanazawa, Ishikawa, Japan p.411-415

Satoshi Niitsu, Ryosuke Tamura, Ryoya Kamata, Shinji Sinogi, Ryo Shimano, Hiroshi Kawaharada, Hiroyuki Hiraoka
Development of remote-controlled 6DOF Assembly using a 1DOF haptic device -Judgment of the constraint state using a 6-axis force sensor-
The 15th International Conference on Precision Engineering (2014), Kanazawa, Ishikawa, Japan pp.416-420

Y. Yamamori, K. Nanjo, K. Kato, H. Ookawa, H. Kawaharada, H. Hiraoka
A System That Seeks Appropriate Path between Houses for Promoting Reuse of Products.
The 15th International Conference on Precision Engineering (2014) Kanazawa, Ishikawa, Japan p.466-467

Ryo SHIMANO, Ryoya KAMATA, Satoshi NIITSU, Ryousuke TAMURA, Shinji SHINOGI, Hiroshi KAWAHARADA and Hiroyuki HIRAOKA
Development of a 1DOF Haptic Device for Remote-Controlled 6DOF Assembly
The 15th International Conference on Precision Engineering (2014) Kanazawa, Ishikawa, Japan p.407-410

Shinji Shinogi, Ryoya Kamata, Ryosuke Tamura, Satoshi Niitsu, Ryo Shimano, Shinji Shinogi, Hiroshi Kawaharada, Hiroyuki Hiraoka
Simulation of Remote-Controlled 6DOF Assembly using a 1DOF Haptic Device
The 15th International Conference on Precision Engineering (2014) Kanazawa, Ishikawa, Japan p.403-406

平岡弘之,:懸垂型マニピュレータの軌道制御
日本機械学会山梨地方講演会講演論文集,日本機会学会,pp.34-36,1981

平岡弘之,:懸垂型マニピュレータによる無重量制御
第21回SICE学術講演会論文集,計測自動制御学会,pp.353-354,1982

平岡弘之,横井秀俊,木村文彦,:幾何モデル処理システムGEOMAP-IIIの開発(第4報 2次元図形の処理)
昭和58年度精機学会秋季大会学術講演会論文集,精機学会,pp.757-758,1983

平岡弘之,嶋田憲司,田口靖,:センサ・インタラクティブ・ロボットシステムの試作
昭和59年度精機学会春季大会学術講演会論文集,精機学会,pp.833-834,1984

平岡弘之,嶋田憲司,田口靖,近藤浩一,木村文彦,佐田登志夫,:環境モデルとセンサ情報に基づくロボットシステム(第2報)―視覚情報の扱い―
昭和60年度精機学会秋季大会学術講演会論文集,精機学会,pp.653-654,1985

嶋田憲司,田口靖,平岡弘之,木村文彦,佐田登志夫,:環境モデルとセンサ情報に基づくロボットシステム(第1報)―全体構成とシステムの試作―
昭和60年度精機学会秋季大会学術講演会論文集,精機学会,pp.651-652,1985

平岡弘之,近藤浩一,増田宏,木村文彦,佐田登志夫,:視覚情報を用いるロボットのオフラインプログラミングシステム
昭和61年度精密工学会春季大会学術講演会論文集,精密工学会,pp.543-544,1986

奥田秀範,平岡弘之,木村文彦,佐田登志夫,:組立作業用ダイレクト・ドライブ・マニピュレータの開発(第1報)―特性評価―
昭和61年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集,精密工学会,pp.543-544,1986

平岡弘之,H.メンデス,横井秀俊,竹田和彦,:ワイヤカット放電加工による積層ブローチの研究(第2報:円錐板積層ブローチの開発)
昭和62年度精密工学会春季大会学術講演会論文集,精密工学会,pp.749-750,1987

奥田秀範,平岡弘之,木村文彦,:組立作業用ダイレクト・ドライブ・マニピュレータの開発(第2報)―組立作業への適用―
昭和62年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集,精密工学会,pp.125-126,1987

平岡弘之,:機構モデリングによるロボットの障害物回避
精密工学会1990年春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.401-402,1990

蔵持道弘,木村文彦,平岡弘之,:プロダクトモデルからの組立性評価のための情報抽出
精密工学会1990年春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.395-396,1990

琴坂信哉,松元明弘,高田祥三,浅間一,平岡弘之,:保全ロボット用設計支援システム―第1報 作業性を考慮した機構の評価―
1990年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.565-566,1990

境利明,平岡弘之,:障害物を運動の拘束とするロボットの経路生成
1991年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.993-940,1991

平岡弘之,木村文彦,:プロダクトモデルからの組立性評価のための情報抽出(第2報:部品に働く力の影響の推論)
1991年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.535-536,1991

文碩燦,木村文彦,平岡弘之,:センサ入力に対応する動作のパターン化によるロボットの作業記述
1991年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.997-998,1991

平岡弘之,井原透,:FAの自律化のための製品モデルを持つ加工対象物の開発(第1報:構想と課題)
1991年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.629-630,1991

井原透,平岡弘之,:センサ一体型DATAキャリヤによるモニタリング
日本機会学会No.910-37シンポジウム講演論文集,日本機会学会,pp.289-292,1991

平岡弘之,:製図モデル(Draughting Model)
セミナー「CAD標準化とSTEP」資料,日本コンピュータ・グラフィックス協会,pp.59-68,1991

琴坂信哉,松元明弘,高田祥三,浅間一,平岡弘之,:保全ロボット用設計支援システム(第2報)―作業の方向性を考慮した総合的機構評価―
1991年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.119-120,1991

横山裕,井原透,平岡弘之,:センサー一体型DATAキャリヤにおけるモニタリング
1992年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.101-102,1992

青山豊,平岡弘之,:コンフィギュレーション空間を用いた運動解析ツール
1992年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.817-818,1992

平岡弘之,:STEPによる製図交換
セミナ「製品モデルデータ交換国際規格とデータ交換処理システムの概要」テキスト,日本コンピュータ・グラフィックス協会,pp.49-76,1992

平岡弘之,:標準部品ライブラリ関連の標準化動向
精密工学会第189回講習会「次世代CADの必須アイテム、標準部品ライブラリー電子カタログの標準化を越えてー」テキスト,精密工学会,pp.31-34,1992

琴坂信哉,幸田武久,高田祥三,浅間一,平岡弘之,松元明弘,:機構モデルに基づく保全ロボットの信頼性評価
1992年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.889-890,1992

平岡弘之,:製図データ交換
STEPセミナ「普及への第一歩を踏み出したSTEP」―リリース1.0の全貌の理解のために―,日本コンピュータ・グラフィックス協会,pp.95-124,1993

平岡弘之,木原正行,:組立ロボット情報を考慮した組立手順の生成
1993年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.1033-1034,1993

多賀優,平岡弘之,浅間一,幸田武久,琴坂信哉,高田祥三,松元明,:組立モデルに基づく運動部品の抽出
1993年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.1055-1056,1993

浅間一,高田祥三,平岡弘之,幸田武久,松元明弘,琴坂信哉,遠藤勲,:原子力用人工知能を具備した原子力施設のシステム評価研究(4)ロボットシステムの自律型プラントへの適応性評価研究
日本原子力学会「1993春の年会」,日本原子力学会,286,1993

平岡弘之,木原正行,三橋正和,:ロボットの組立動作シミュレーションに基づく組立性評価用ツールの開発
第11回設計シンポジウム講演論文集,日本機械学会,pp.127-133,1993

琴坂信哉,高田祥三,浅間一,平岡弘之,幸田武久,松元明弘,遠藤勲,:保全ロボットシステムの自律型プラントへの適応性評価研究
1993年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.541-542,1993

三橋正和,平岡弘之,:組立性評価へのロボット動作シミュレーションの適用
日本機械学会第71期通常総会講演会講演論文集,日本機械学会,pp.506-508,1994

栗芝孝司、平岡弘之,:シミュレーテッドアニーリングによるロボットの障害物回避経路生成
精密工学会第1回学生会員卒業研究発表講演会講演論文集,精密工学会,pp.15-16,1994

平岡弘之,:Application Protocol
STEPセミナ「応用分野への利用が開始された製品モデル国際規格」テキスト,日本コンピュータ・グラフィックス協会,pp.18-33,1994

琴坂信哉,高田祥三,浅間一,幸田武久,松元明弘,山岸喜一郎,遠藤勲,:動作性を評価指標としたロボットアーム機構の最適設計
日本機械学会ロボティックス・メカトロニクス講演会’94講演論文集,日本機械学会,pp.245-248,1994

石川孝,今村聡,平岡弘之,村上存,:概念設計支援への計算的アプローチーその展望と課題ー
査読有,第12回設計シンポジウム講演論文集,精密工学会,pp.112-117,1994

N.Sugimura,T.Moriwaki,T.Kita,A.Ohtaka,H.Hiraoka,K.Kitajima,T.Kuroiwa,:A Study on Product Model for Design and Analysis of Mechanical Assemblies Based on STEP
Proceedings of 1994 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation/Japan-USA Symposium,Peer-reviewed,pp.495-498,1994

平岡弘之,井原透,:自律分散工場を中心とした生産システムの教育と実習
日本工業教育協会平成6年度工学・工業教育研究講演会講演論文集,日本工業教育協会,pp.203-206,1994

山岡延行,高田祥三,浅間一,琴坂信哉,幸田武久,:設備モデルに基づく劣化モード解析システム
1994年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.907-908,1994

H.Hiraoka,T.Ihara(Ed. E.Usui),:Workpiece-Centered Distributed System in the Shop Floors for Machining and Assembly
Advancement of Intelligent Production/Elsevier Science B.V.,Peer-reviewed,pp.87-92,1994

岡崎真也,平岡弘之,菊池伸夫,内藤太一,:STEPのリソースモデルにおけるデータ定義の分類法
1994年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.355-356,1994

S.Takata,N.Yamaoka,H.Asama,H.Hiraoka,:Model based evaluation of component deterioration - A tool for life cycle maintenance system
Proceedings of 2nd International Seminar on Life Cycle Engineering/CIRP,Peer-reviewed,pp.168-180,1994

高橋善明,岡安典夫,平岡弘之,:部品の接触状態シミュレーションに基づく組立性評価
1995年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.827-828,1995

斉藤大典,平岡弘之,江守慎一,高田祥三,浅間一,琴坂信哉,幸田武久,:ライフサイクルシミュレーションのための設備モデル
1995年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.321-322,1995

H.Hiraoka,Y.Takahashi,M.Ito (Ed. Q.Sun,Z.Tang,Y.Zhang),:Simulation-based evaluation of assemblability for machine parts
Computer Applications in Production Engineering/Chapman & Hall,Peer-reviewed,pp.487-497,1995

石川孝,今村聡,平岡弘之,村上存,:分解・結合原理に基づく概念設計支援
査読有,第13回設計シンポジウム講演論文集,日本設計工学会,pp. 115-120,1995

H.Hiroaka,S.Takata,H.Asama,D.Saito (Ed. F.-L.Krause,H.Jansen),:Model based approach to life-cycle simulation of manufacturing facilities
Life Cycle Modelling for Innovative Products and Processes/Chapman & Hall,Peer-reviewed,pp.408-419,1995

H.Hiraoka,:Using Assembly Model for Simulating Product Life Cycle Activities
Japan-USA Symposium on Flexible Automation/ASME,Peer-reviewed,pp.787-790,1996

T.Ihara, J.Zhu, H.Hiraoka, Y.Ito,:An evaluation method of manufacturing-diffculty for part drawing on CAD system
MECATRONICS 3rd France-Japan Congress & 1st Europe-Asia Congress,pp.35-40,1996

S.Takata, H.Shiono, H.Hiraoka, H.Asama,:Case Based Evaluation of Component Deterioration for Facility Maintenance
Manufacturing Science and Engineering/The American Society of Mechanical Engineering,Peer-reviewed,pp.563-568,1996

S.Takata, H.Hiraoka, T.Kohda, H.Asama,:Computer Assisted Maintenance Management Using Model-Based Life Cycle Simulation
Proceedings of Maintenance and Reliability Conference (MARCON),Peer-reviewed,73.01-73.15,1997

石渡昌行,平岡弘之,内藤太一,鳥居成光,島田英明,:STEP AP開発の支援環境
1997年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,487-488,1997

H.Hiraoka(Ed. S.Nishijima, S.Iwata),:STEP-Present and Future
Computerization and Networking of Material Databases: Fifth Volume/ASTM,Peer-reviewed,pp.87-100,1997

H. Hiraoka, T.Naito,:Macro expression for EXPRESS constraints of STEP Application Protocols
Proceedings of European Conference Product Data Technology Days 1998,Peer-reviewed,pp.263-270,1998

山田篤史,高田翔三,浅間一,幸田武久,平岡弘之,:ライフサイクル・シミュレーションを用いたロボットの作業設計 - 速度パターンの最適化による劣化の低減
1998年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,p.8,1998

石渡昌行,平岡弘之,田中達雄,高畠聡士,西崎元庸,:STEP翻案支援環境 - 既存規格の翻案の解析
1998年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,p.250,1998

井上祐,高田翔三,浅間一,幸田武久,平岡弘之,:MP(保全予防)情報管理のための不具合事例入力システム
1998年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,p.10,1998

藤本大介,平岡弘之,:分散生産環境でのネットワークエージェントの利用
1999年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,p.52,1999

田中達雄,平岡弘之,石渡昌行,高畠聡士,西崎元庸,:STEP翻案支援環境-支援のための基礎技術
1999年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,p.283,1999

井上祐,高田祥三,浅間一,幸田武久,平岡弘之,:MP情報管理システム-不具合対策のための知識抽出
1999年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,p.555,1999

坂口和隆,平岡弘之,水谷祐生,大野耕児,重信直哉,:エージェントを用いた部品の再利用
エコデザイン'99ジャパンシンポジウム論文集,pp.84-85,1999

田中達雄,平岡弘之,篠倉功,鈴木太順,林田幸一,:STEP翻案支援環境-対応表の作成-
2000年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,2000

H.Hiraoka,T.Tanaka,:Graphical Support for Interpretation in STEP AP Development
Proceedings of Product Data Technology Europe 2000,Peer-reviewed,pp.89-95,2000

坂口和隆,平岡弘之,鈴木太順,鈴木博之,丹野嘉之,本多英明,:ライフサイクルにおける部品単位の保全のためのエージェントの活用
エコデザイン2000ジャパンシンポジウム論文集,pp.174-177,2000

平岡弘之,菅原洋介,葛西亮,小松原洋平,杉茂幸,月原知洋,:産業用ロボットを使った発泡スチロール加工システムの開発-3次元への拡張-
日本機会学会第10回設計工学・システム部門講演会講演論文集,pp.310-311,2001

鈴木太順,平岡弘之,坂口和隆,:ライフサイクルにおける部品情報の管理-ネットワークエージェントを利用した製品の保全活動の支援-
2001年度精密工学会春季大会講演論文集,p.371,2001

篠倉功,平岡弘之,田中達雄,:STEP翻案支援環境-EXPRESS-Xの生成-
2001年度精密工学会春季大会講演論文集,p.308,2001

M. Suzuki, K. Sakaguchi, H. Hiraoka (Ed. I. Inasaki),:Life Cycle Support of Mechanical Product Using Network Agent
Initiatives of Precision Engineering at the Beginning of a Millenium/Kluwer Academic Publishers,Peer-reviewed,pp.912-916,2001

I. Sasakura, H. Hiraoka,:Graphical tool to support interpretation in AP development
ISO TC184/SC4/WGs meeting in Fukuoka, Japan/ISO TC184/SC4/WGs meeting in Fukuoka, Japan,2001

重信直哉,平岡弘之,伊藤久文,金子晴信,:組付け時の部品の挙動解析を用いた組立性評価
2001年日本機械学会第11回設計工学・システム部門講演会講演論文集,pp.63-64,2001

Hiroyuki Hiraoka, Isao Sasakura,:Assisting the Generation of Mapping Information between Product Models
2002 Japan-USA Symposium on Flexible Automation/ISCIE/ASME,Peer-reviewed,pp.491-494,2002

平岡弘之,藤井雄哲,石塚弘愛,瀬谷毅,:製品のライフサイクルにおけるネットワークエージェントの利用
2002年度日本機械学会年次大会講演論文集,日本機械学会,VIII,pp.227-228,2002

川原田寛,杉原厚吉,:細分割曲面のフィッティングによるメッシュデータの圧縮
情報処理学会グラフィクスとCAD研究部会,p.33,2002

平岡弘之,瀬谷毅,石塚弘愛,藤井雄哲,:製品のライフサイクルを支援する部品エージェントの提案
2003年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,p.212,2003

岩浪慶成,平岡弘之,瀬谷毅,藤井雄哲,:ネットワークエージェントを用いた製品のライフサイクル支援-状況に基づく部品の保全-
日本機械学会第13回設計工学・システム部門講演会講演論文集,日本機械学会,pp.199-200,2003

H. Hiraoka, N. Iwanami, Y. Fujii, T. Seya, H. Ishizuka,:Network Agents for Life Cycle Support of Mechanical Parts
EcoDesign 2003: 3rd International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing/Union of EcoDesign, Japan,Peer-reviewed,pp.61-64,2003

瀬谷 毅,平岡弘之,:部品エージェントによるリユース支援ー部品同士の組合せの影響ー
2004年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,pp.471-472,2004

滕 文欣,平岡弘之,:製品モデルの対応付け支援のためのモデル要素間の基数関係の表示
2004年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,pp.227-228,2004

金子晴信,平岡弘之,:リユース部品を含む製品の品質予測ー摩耗を考慮した公差解析ー
2004年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,pp.469-470,2004

H. Hiraoka,:Issues for the Standardization of Product Data Quality
Digital Engineering Workshop, 5th Japan-Korea CAD/CAM Workshop,AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Japan),Peer-reviewed,pp.97-99,2005

伊藤久文,滕 文欣,平岡弘之,:製品モデル対応付け支援ー基数関係の処理とEXPRESS-Xの生成ー
2005年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,pp.287-288,2005

神尾建希,平岡弘之,:組立性評価のための情報抽出ー機構モデルを用いた組付挙動解析ー
2005年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,pp.329-330,2005

岩浪慶成,平岡弘之,:ネットワークエージェントを用いた製品のライフサイクル支援ー消費者を考慮した部品のリユースー
2005年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,pp.253-254,2005

西原哲,平岡弘之,:自由度を制限した力情報インターフェイスの開発
2005年度精密工学会秋季大会講演論文集,精密工学会,p.O63,2005

福田直人,平岡弘之,:ネットワークエージェントを用いた製品のライフサイクル支援ーRFIDを用いた部品情報管理ー
2005年度精密工学会秋季大会講演論文集,精密工学会,p.H82,2005

B. SUKSAWAT, W. He, H. Hiraoka, T. Ihara,:Optimization of Scheduling Method for Anthropocentric Manufacturing System
7th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference 2006/Asian Institute of Technology,Peer-reviewed,2005

H. Hiraoka, N. Iwanami,:Network Agent's Advice for Promoting the Reuse of Mechanical Parts
EcoDesign2005: 4th International Symposium on Environmentary Conscious Design and Inverse Manufacturing/エコデザイン学会連合,Peer-reviewed,2C-1-2F,2005

川原田寛,杉原厚吉,:面と線に基づく細分割の拡張
情報処理学会グラフィクスとCAD研究部会,p.56,2005

川原田寛,:双対細分割 -新しい細分割の枠組み-
2005年度応用数理学会年会,p.641,2005

西原哲,平岡弘之,:自由度を制限した力覚情報の利用
2006年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,p.K21,2006

福田直人,平岡弘之,井原透,:Supporting the Reuse of Parts Based on Operation Histories of Products and Preference of Consumers
Towards Synthesis of Micro-/Nano-ssytems, The 11th Interntatinal Conference on Precision Engineering (ICPE)/精密工学会,査読有、pp.59-63,2006

B. Suksawat, H. Hiraoka. T. Ihara,:A New Approach Manufacturing Cell Scheduling based on Skill-based Manufacturing Integrated to Genetic Algorithm
Towards Synthesis of Micro-/Nano-ssytems, The 11th Interntatinal Conference on Precision Engineering (ICPE)/精密工学会,Peer-reviewed,pp.325-326,2006

花谷友弘,平岡弘之,:製品利用者の保全行動を支援する部品エージェントの挙動シミュレーション
2006年度精密工学会秋季大会講演論文集/精密工学会,B07,p.B07,2006

平岡弘之,田中文基,小林一也,相馬淳人,:形状データ品質の国際規格ISO 10303-59の開発
第16回日本機械学会設計工学・システム部門講演会,日本機械学会設計工学・システム部門,3117,2006

川原田寛,:細分割のC^k級連続必要十分条件
情報処理学会グラフィクスとCAD研究部会,p.73,2006

川原田寛,:細分割のC^k級連続必要十分条件
2006年度応用数理学会年会,p.859,2006

福田直人,平岡弘之,:ネットワークエージェントを用いた製品のライフサイクル支援ー部品リユースのための製品運用履歴の利用ー
2007年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,p.M69,2007

T. Hanatani, N. Fukuda, H. Hiraoka,:Simulation of Network Agents Supporting Consumer Preference on Reuse of Mechancal Parts
Advances in Life Cycle Engineering for Sustainable Manufacturing Businesses, Proceedings of the 14th CIRP Conference on Life Cycle Engineering/CIRP, 精密工学会, 早稲田大学,Peer-reviewed,pp.353-358,2007

Y. Kikuchi, H. Hiraoka, A. Ohtaka, F. Tanaka, K.G. Kobayashi, A. Soma,:PDQ(Product Data Quality): Quality Guaranteed Product Data Representation and Application to Shape Model
ASME 2007 International Design Engineering Technical Conferences and Information in Engineering Conferences IDETC/CIE 2007/ASME,Peer-reviewed,pp.DETC2007-34748,2007

田中淳,平岡弘之,:製品の運用履歴を用いた部品エージェントシステムによるリコール
第17回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会設計工学・システム部門,3106,pp.276-277,2007

須貝利嗣,平岡弘之,:ネットワークエージェントとRFIDを利用した部品リユースの促進
第17回設計工学・システム部門講演会,日本機械学会設計工学・システム部門,3107,pp.278-279,2007

平岡弘之,福田直人,花谷友弘,:Handling the Variety for Reuse of Mechanical Parts
EcoDesign 2007: 5th International Symposium on Environmentary Conscious Design and Inverse Manufacturing/エコデザイン学会連合,査読有、C3-2-3F,2007

川原田寛,:ラプラシアン細分割
2007年度精密工学会秋季大会,p.327,2007

花谷友弘,平岡弘之,:消費者の選好を考慮した部品リユースのためのネットワークエージェントの挙動シミュレーション
2008年度精密工学会春季大会講演論文集,精密工学会,p.J67,2008

Hiroyuki Hiraoka, Tomohiro Hanatani, Atsushi Tanaka,:Life Cycle Simulation of Mechanical Parts with Part agents for Promoting their Reuse based on User's Preferences
PLM08 - The 5th International Conference on Product Lifecycle Management/PLM Consortium,Peer-reviewed,p.206,2008

平岡弘之,須貝利嗣,田中淳,中田貴之,:機械製品の再利用促進のための部品エージェントの開発
2008年度精密工学会秋季大会学術講演会/精密工学会,p.H64,2008

舟橋幸祐,平岡弘之,:ハプティックを用いた組立支援のための力覚提示法
第26回日本ロボット学会学術講演会/日本ロボット学会,pp.3L2-01,2008

川原田寛,:細分割曲面の厳密な法線ベクトルの計算法
2008年度精密工学会春季大会,p.31,2008

田中 淳,平岡弘之,:部品エージェントに支援される部品個体のライフサイクルシミュレーション-部品リユースを促進する要因-
2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,p.I67,2009

須貝利嗣,平岡弘之,:製品ライフサイクル管理のための部品エージェントシステムの開発-ネットワークエージェントとRFIDを用いた実装の評価-
2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,p.I682009,

Takayuki Nakada, Hiroyuki Hiraoka,:Supporting Consumers with Network Agents for Product Lifecycle Management
PLM09 The 6th International Conference on Product Lifecycle Management/PLM Consortium,Peer-reviewed,2009

天内勇樹,大井賢治,平岡弘之,舟橋幸祐,:2自由度ハプティックデバイスによる組立操作法ー組立品モデルによる組立操作シミュレーションー
2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.473-474,2009

西田健吾,平岡弘之,田中淳,:部品の特性のばらつきを利用したリユース促進
日本機械学会第19回設計工学・システム部門講演会講演論文集,pp.664-669,2009

伊東一真,平岡弘之,:ネットワークエージェントとRFIDを用いた部品劣化情報の収集支援
日本機械学会第19回設計工学・システム部門講演会講演論文集,日本機械学会,pp.658-663,2009

川原田寛,:Volume Subdivisionによる六面体メッシュ生成
2009年度精密工学会春季大会,p.1103,2009

川原田寛,:Volume Subdivisionの滑らかさ
2009年度精密工学会秋季大会,p.919,2009

大井賢治,平岡弘之,:ハプティックデバイスを用いた1自由度の操作による3自由度遠隔組立作業ー部品の接触状態と力覚の利用ー
2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,精密工学会,pp.953-954,2010

平岡弘之,:ネットワークエージェントとRFID を用いた部品リユースの促進
平成22年度日本設備管理学会春季研究発表大会論文集,A-12,pp.3-4,2010

堀井一樹,中田貴之,平岡弘之,:製品ライフサイクル管理のための部品エージェントの消費者支援 ―交渉による交換部品の決定―
日本機械学会 第20回設計工学・システム部門講演会論文集,p.2407,2010

伊東一真,堀井一樹,平岡弘之,:RFIDとネットワークエージェントを用いた部品エージェントシステムの試験環境構築とリコールへの適用
エコデザイン2010ジャパンシンポジウム論文集,4-3 エコデザイン学会連合,2010

西田健吾,繁治勇介,平岡弘之,:部品エージェント開発のためのライフサイクルシミュレーション
エコデザイン2010ジャパンシンポジウム,4-2 エコデザイン学会連合,2010

川原田寛,:無体積セルが発生しないボリューム細分割
2010年度精密工学会秋季大会,p.193,2010

上野達郎,平岡弘之,:製品機能の影響解析に基づく再利用部品の利用可能性評価
2011年度精密工学会春季大会第18回学生会員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.57-58,2011

有田正行,平岡弘之,:リユース部品の及ぼす機構の運動への影響
2011年度精密工学会春季大会第18回学生会員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.55-56,2011

Hiroshi Kawaharada,Hiroyuki Hiraoka,:Boundary Stencils of Volume Subdivision for Simulations.
The 2nd Asian Conference on Design and Digital Engineering,ACDDE 2011,pp.3--8,2011

天内 勇樹,原 章紘,平岡弘之,:1自由度の操作による6自由度遠隔組立作業 -仮想面を利用した自由度の補完-
2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,pp.399-400,2011